毎日お金の事を考えたり…
差し押さえの事を考えたり…

 

どうにもならない借金苦から解放され再スタートを切るために自己破産という方法を選択する人も多くいらっしゃいますが、逆に自己破産の後の生活を心配して苦しい借金生活から抜け出せない人も少なくありません。

 

自己破産を行う事で、自己破産後の生活にどのような影響がでるのかをきちんと知ったうえで手段を選ぶことが大切です。
ここでは、自己破産が与える影響と不安点を解決する方法を解説していきます。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

 

     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

 

自己破産とは?

自己破産とは、裁判所から免責許可がおりることで税金を除く全ての借金がゼロになり支払いの義務がなくなります。

 

万が一、税金の滞納等もあるようでしたら税金は免除されませんので免責許可がおりた後も税金の支払いはしていかなければいけない事は認識をしておきましょう。

 

 

▼一定金額以上の財産は没収される

家や土地・預金など一定金額以上の財産を所有している場合は、差し押さえをされ処分されてしまいます。
しかし、全ての財産が差し押さえとなる訳ではなく最低限度の生活は保護されますのでその点は安心してください。

 

 

▼保証人に取り立てが行く

自己破産はあなたの借金支払いは免除されますが、保証人の支払い義務は免除されません。
万が一あなたの債務に対して保証人を立てている場合には、自己破産の免責がおりると保証人はあなたの代わりに返済義務を負う事になります。

 

▼ブラックリストへの掲載

あなたが自己破産を行うと、信用情報機関に事故情報としてあなたの情報が記載されます。
これがいわゆる「ブラックリストに載る」という事です。
ブラックリストに記載されると、5年〜10年程度新規でクレジットカードを作ったりローンを組んだりキャッシングをすることが不可能になります。

 

 

 

自己破産後の生活は?

 

自己破産をすると住む家や仕事・家族への影響を心配する人も多いのではないでしょうか?
一つ一つ見ていきましょう。

 

▼仕事は?

基本的には自己破産を行ったからといって解雇や退職にされるという事はありません。
1つ気をつけなければいけないのは、自己破産手続きを開始してから免責がおり手続きが完了するまで、就けない仕事があるのでその点は頭に入れておくといいでしょう。

 

・弁護士、司法書士などの士業
・生命保険の外交員
・警備員など

 

 

▼家は?

自己破産を行うと持ち家の方は、差し押さえの対象となりますので引っ越しをしなければいけません。
しかし、住宅ローンを組むことが出来ませんので賃貸で探すことになります。
出費もかかりますので実家などに一時的に住むことが可能な方は実家に住居を移す・賃貸だと保証人の要らないUR賃貸などを選択肢として探してみるのもオススメです。

 

 

▼家族への影響は?

家族の方に保証人になってもらってない様であれば、家族の方の財産までも差し押さえされるという事はありません。
しかし、家族の誰かに保証人になってもらっているとあなたが自己破産をすることで家族に返済の義務が移りますので、影響はでてくるでしょう。

 

家族の方に保証人になってもらってない限りは、財産や家族の生活には影響はありませんので安心をしてください。

 

 

▼年金は?

自己破産をすると年金も差し押さえ対象になるのか…と心配される人も多いですが公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金)については差し押さえはされません。
しかし、個人年金(民間の生命保険会社)は一部差し押さえをされる可能性があります。

 

公的年金に関しては「差し押さえ禁止財産」に当たるため受け取れる資格がなくなるという事はありませんので、安心してください。

 

 

自己破産をしたいが不安…

ここまで読むと、自己破産は多額の借金支払いが免除されるというメリットがあるだけにデメリットも大きいのが分かります。
自己破産はデメリットが一番大きな手続きになりますが「家を手放したくない」「保証人に迷惑はかけたくない」など様々な思いがあると思います。

 

 

▼家を手放したくない

せっかく建てた持ち家ですので、誰もが手放したくないはずです。
その場合は、自己破産ではなく個人再生という手続き方法も視野にいれてみると良いでしょう。

 

個人再生は、借金の全額免除ではありませんが最大で9割減額できますので一度専門家(弁護士)に相談をしてみるといいでしょう。
個人再生は持ち家を手放さなくてもいいので、あなたが何を手放しても良いか・何は手放したくないか…をしっかりと伝え何がベストの手続きかを聞いてみることがオススメです。

 

 

 

▼保証人には迷惑をかけたくない

身内や友人に保証人になってもらっている方は、自分が自己破産をすると保証人に債務が行ってしまうと知って躊躇してしまうのではないでしょうか。
人間関係も終わってしまいますし、せっかく自分は再スタート出来ても心が痛んでしまうでしょう。

 

保証人に迷惑はかけたくないという方は、任意整理がオススメです。
任意整理は、保証人を付けている債務は手続き対象から外すことが可能ですので保証人に迷惑をかけることはありません。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

法律に詳しくない私達の自己判断では「この多額の借金…もう自己破産をするしかないかも…」と思ってしまいがちな借金でも、専門家に相談をすると大きなデメリットを背負わなくてもいい自己破産以外の手続き方法やよりベストな方法のアドバイスをもらえます。

 

ですから、一人で悩んで怯える日々を送るのではなくまずは「無料相談」を利用して専門家に相談に行ってみるといいでしょう。
先の見えない借金問題にも必ず解決策はありますので、希望を捨てずまずは足を運んでみて下さい。

 

下記は無料相談が可能な弁護士事務所となっておりますので、不安な点どのように借金を整理した方が良いかなど相談をし専門家からアドバイスをもらう事がオススメです。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。
     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

『自宅で誰にもバレずに…どれだけ減額可能か知りたい!』

 

今の借金状況を入力するだけで「いくら減額が可能か」「自分に合った弁護士事務所はどこか?」を教えてくれる無料ツールです。
【匿名OK】と言う点と、自宅にいながら知ることが可能という点からも借金問題に苦しんでいる方に一番利用されています。
自宅で出来るという、利用するに当たっての敷居が低いというのもポイントです。

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

『旦那にバレずに借金の整理がしたい!』

 

女性でも借金問題に苦しんでいる人は大勢います。そんな女性の為に設けられた事務所が債務lady。
女性だからこそ女性に聞いて欲しい・男性スタッフには相談しにくい…などありますよね。
債務ladyは、女性スタッフが旦那さんに内緒で借金の整理が出来る手続き・方法についてアドバイスしてくれます。

相談無料
旦那さんに内緒で手続きが可能
女性スタッフが対応

 

 

『よく読まれている関連記事』
債務整理2回目は可能?どのような手続きだとできる?
複数の所から借金・・・多重債務で苦しんでいるときの対処法は?