◆自己破産をしたら年金も差し押さえ?
◆自己破産をしたら年金はもらえないの?

 

多額の借金で目の前が真っ暗な方が、疑問に思う点が自己破産をしたら年金まで差し押さえされてしまうのか・もらう事ができないのか…という点です。
借金苦から逃れ再スタートする為に行う自己破産ですが、年金まで差し押さえされてしまったら日々の生活も安心して過ごせなくなるんではないかという不安を持ってしまうでしょう。

 

ここでは、自己破産をした場合の年金事情を詳しく解説をしていきますので是非参考にしてみて下さい。

 

私の借金どれだけ減額可能?

≫司法書士法人みつ葉グループが行う診断で安心≪

 

初めての借金問題は不安が付き物…
どうしても敷居が高く感じる弁護士事務所に相談に行く前に、自宅で今のあなたの借金がどれだけ減額可能かを知ることが出来る無料シュミレーター!
デメリットが無い点から、借金で悩んでいる方に一番利用されているツールです。

 

【特徴】
借金がいくら減るか…
月々の支払いがどれだけ減額されるか…
自分に合った弁護士事務所は?

 

”無料で診断!”

 

〇24時間対応
〇全国対応
〇女性相談員の対応可能

 

みつ葉司法書士事務所
arrow_orange『どれだけ減額可能?無料診断はこちら』

 

 

自己破産したら年金は差し押さえされる?

年金には「個人年金」と「公的年金」の2種類があり、公的年金は絶対に差し押さえをされることがありませんので安心をしてください。

 

≪公的年金とは≫
共済年金・国民年金・厚生年金

≪個人年金≫
個人的に生命保険会社と契約をしている年金タイプの保険

 

個人年金はあなたが任意で民間の保険会社と契約を結ぶものですので、自己破産をすると差し押さえをされてしまいます。

 

自己破産を行うと全ての財産を差し押さえされるかと言えば、そうではありません。
自由財産といって自己破産をしても差し押さえをされず所有が認められる財産があります。

 

◆99万円以下の現金
銀行などの貯金は現金には含まれませんが、99万円以下の現金は自己破産しても持っても良いことになっています。

 

◆新得財産
あなたが破産手続き開始後に所得した財産のことを「新得財産」といい処分対象にならないとされています。

 

◆差し押さえ禁止財産
生活必需品などが差し押さえ禁止財産とされています。

 

公的年金は、この中で言えば自己破産後にもらえる年金は「新得財産」になるほか「差し押さえ禁止財産」でもあります。
※後ほどお話ししますが、年金に関しては税金になりますので支払いの義務は続きます。

 

 

自己破産前に気を付ける事

法律で守られていますので、年金は差し押さえされることはありませんが注意するべきこともあります。

 

年金振込口座に注意

年金を受け取る口座と、あなたが貯金をしている口座が同じである場合自己破産手続きをすると貯金口座は凍結されてしまいますので年金の振り込みが出来ず受け取ることが出来なくなる可能性が出てきます。

 

自己破産をする際には、あなたが預金として使っている口座と年金振込口座は別にしておくことをオススメします。

 

 

自己破産後も支払い義務は残る

まだ年金を受給していなく支払い義務だけの年齢の場合、もちろん将来もらう年金資格も守られます。
同時に、自己破産をしても年金支払いの義務は免除されませんので支払い義務も引き続き残ります。

 

自己破産は、基本的に借金の支払い免除は行われますが税金や年金保険は「非免責権」といって免責許可がおりる事無く自己破産後も支払い義務が残るものとなっています。

 

私の借金どれだけ減額可能?

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

 

『よく読まれている関連記事』
債務整理は2回目も可能?財産を失わない債務整理は?
給与の差し押さえはいつ?差し押さえ通知は来る?
家族に内緒で借金の整理がしたい!任意整理について詳しく解説