銀行で住宅ローンの申込をしたけれど
「総合的判断により、今回のご融資は見送らせていただきます」
と断られてしまった…

そんなことを急に言われても困りますよね。
住宅購入の一括支払いは到底無理な金額です。


キャッシング利用中は住宅ローン通らない?

住宅ローンの審査では、まずは、個人の信用情報を調べることからはじまります。
「総合的判断により、今回のご融資は見送らせていただきます。」と断られた場合、たいていは信用情報に事故情報(ブラックリスト)として記録されているケースが考えられます。

もし事故情報があればその時点で審査は通りません。

ここでは信用情報・事故情報とは何なのか?
キャッシングを利用していると住宅ローンの審査は通らないのか?影響は?
について、説明していきますので、ぜひ参考にして解決方法を見つけてください。

『自宅で誰にもバレずに…どれだけ減額可能か知りたい!』


  
【特徴】
借金がいくら減るか…
月々の支払いがどれだけ減額されるか…
自分の借金状況に合った弁護士事務所は?
”無料で診断!”
〇24時間対応
〇全国対応
〇女性相談員の対応可能


【無料減額診断】いくら減額可能?自分に合った弁護士事務所は?


信用情報とは?

信用情報とは、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。

あなたが利用したクレジットカードやローンの「契約内容・返済状況・返済残高」などは全て記録されています。

◆クレジットカードで商品を購入する
◆クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる
◆銀行や消費者金融などでお金を借りる

以上のような情報が、すべて履歴として記録されています。

信用情報に記録??と聞くと、悪い事をしたときにだけ登録されるのかと思いがちですが金融に関する手続きは全て記載されているのです。
載っているからと言って、悪い事ばかりが載っているわけではないので安心してください。


信用情報はどこが管理しているの?

信用情報は、「信用情報機関」で登録・管理されています。

日本には3つの信用情報機関があり、金融機関は必ずいずれかの信用情報機関に加盟しています。

鞄本信用情報機構(JICC)
潟Vー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

ローンやクレジットカードを申込む時金融機関は信用情報機関から、あなたの信用情報を調べ「返済状況」や「返済残高」などから「あなたにお金を貸しても大丈夫かどうか?」を確認するのです。

これら3つの情報機関は、延滞や遅延などの事故情報を共有しています。

もし、あなたがA社のクレジットカードを持っていて、新たにB社のクレジットカードを作ろうとした場合、B社が信用情報機関を通じてあなたが持っているA社のカードの返済状況などを調べることができるということです。

金融関係で何か一つでもトラブルを抱えると自動的に、どの金融機関でもローンを組んだりお金を借りたりクレジットカードを使ってショッピングをしたりという事が出来なくなるというわけです。


事故情報とは?


事故情報として、信用情報に記録されるものは主に4つあります。

【延滞】
クレジットカードやローンの支払いを、3か月以上延滞すると事故情報として記録されます。
一度登録されてしまうと、完済し一定期間が過ぎるまでどんな手段を使っても消すことはできません。

残金の支払いを完済してから最長5年間は記録が残ります。

【債務整理】
債務整理は、法律で借金を整理しあなたに重く圧し掛かっていた借金を減額・免除する手続きになります。
「任意整理」「個人再生」「自己破産」などの手続きがあり債務整理を行うと、事故情報として記録されてしまいます。
各手続によって記録が残る期間は違いますが「任意整理」では最長5年、「個人再生」「自己破産」では最長5〜10年記録が残ります。

【強制解約】
延滞が長期に渡ったり、延滞を繰り返したりなどの理由でカード会社などから強制的に契約を解約されることがあります。
強制解約された場合、最長5年間事故情報として記録されます。

【代位弁済】
クレジットカードやキャッシングを申込む時は保証人は不要で、保証会社が保証人の代わりになります。
あなたがもし返済を滞った場合、あなたに代わって保証会社が全額返済をします。

これを代位弁済といいます。
代位弁済が行われると、最長5年間事故情報として記録されます。


事故情報があると住宅ローンの審査は通らない?

事故情報のある人に、お金を貸す金融機関はほとんどありません。
まず「住宅ローン」「自動車ローン」「教育ローン」などのローンの審査は通りません。

また、新たにクレジットカードを作ることもできません。
そうなるとあなたの生活は、現金払いの生活を強いられるという不便さが出てきます。


キャッシングの利用は住宅ローン審査は通る?


キャッシングを利用しただけでは、信用情報に「事故情報」として記録されることはありません

しかしキャッシングをしたという利用履歴は信用情報に記録され、キャッシングの利用履歴はローンの審査に影響することも考えられます。

そもそもキャッシングの金利は、非常に高いものです。
そんな高い金利を払ってでも、キャッシングを利用する人はお金に困っている人と判断されてしまいます。

特にクレジット会社や消費者金融からお金を借りている人は、多重債務をかかえている人が多いので審査以前に断られる場合があります。
しかし、キャッシングの利用履歴があっても完済済みであれば審査に全く影響はありません。

また、完済済みのカードなどは解約して手元から処分しておく方がローンの審査には有利です。



住宅ローンの審査のポイントは「返済負担率」

「返済負担率」とは、年収に対する年間返済額の割合を示すもの

住宅ローンを借りる際、金融機関は年収のランク別に20%〜35%の返済負担率の上限を設定しています。

「年間返済額」には、次のものがすべて含まれます。

◆借入予定の住宅ローンの年間返済額
◆自動車ローンなどの各種ローンの年間返済額
◆キャッシング・クレジットカード(分割払い・リボ払い)の年間返済額

以上のように、住宅ローンの申込時にキャッシングを利用していれば年間返済額が増え・・・当然、審査にも影響してしまいます。

結論から言うと、
住宅ローンを申込む際は、キャッシングの残金を完済してできればカードを解約して、おくことが審査通過のポイントです!!


住宅ローンを組む前に…


信用情報に自分がブラックリストとして載っているかは、調べることが可能です。

一定期間過ぎるとブラックリストの情報は消滅し、消されますのでローンを組む前に「自分はのっているか?」「審査に落ちてしまう要因があるか…」ということを調べることができます。
個人で調べるとなると難しいところもありますので、専門家の力を借りて事前にチェックしておくと家族にも不安なくローンが組めますよね!




『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。

      司法書士法人みつ葉グループHP

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります



『自宅で誰にもバレずに…どれだけ減額可能か知りたい!』



今の借金状況を入力するだけで「いくら減額が可能か」「自分に合った弁護士事務所はどこか?」を教えてくれる無料ツールです。
【匿名OK】と言う点と、自宅にいながら知ることが可能という点からも借金問題に苦しんでいる方に一番利用されています。
自宅で出来るという、利用するに当たっての敷居が低いというのもポイントです。
どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる



『旦那にバレずに借金の整理がしたい!』


女性でも借金問題に苦しんでいる人は大勢います。そんな女性の為に設けられた事務所が債務lady。
女性だからこそ女性に聞いて欲しい・男性スタッフには相談しにくい…などありますよね。
債務ladyは、女性スタッフが旦那さんに内緒で借金の整理が出来る手続き・方法についてアドバイスしてくれます。
相談無料
旦那さんに内緒で手続きが可能
女性スタッフが対応