財産によって変わる手続き

 

あなた(破産手続きをする人)に「一定の財産があるか」「財産がないか」によって、同時廃止事件か管財事件かに決定が分かれます。
では何か違うのか詳しく見ていきましょう。

 

 

◆同時廃止事件とは

こちらは、あなたに一定以上(裁判所によっても異なりますが大体20万円以上の価値がある物)の財産がない場合の手続きになります。

 

一定の財産がなければ、あなたは膨大な返済に追われどうしようもなく自己破産をしたことになります。
そのような方は、売却できる財産がないために手続きもとてもシンプルになり同時廃止事件として手続きが進められます。

 

売却などの手続きがないために、あなたが弁護士に自己破産をする依頼をしてから自己破産が決定するまで早くて3カ月、遅くとも半年で完了することがほとんどです。

 

 

◆管財事件とは

こちらは、あなたに一定金額以上の財産を所有している場合でありシンプルな同時廃止事件よりも複雑になり手続き完了まで時間もかかってしまいます。
不安な方も多いと思いますので自分が持っている財産がどこまでが20万円以上の財産として認識されるのか…は弁護士の方ともしっかり話し合いをすることが大切です。

 

管財事件となると所有している財産にもよりますが、長くて手続き完了までに1年以上かかる場合もあります。

 

 

 

自己破産は弁護士に依頼するのがベスト

 

自己破産は裁判所を介して行う手続きの為、個人で進めるのはとても難しい手続きとなります。

 

「弁護士に依頼するとお金がかかる…」
と思って、自分で何とかしようとする人も多いのですが個人でもたもたしている時間がないのが借金です。

 

 

”利息もかさみ財産差し押さえで何も手元からなくなってしまった…”

 

 

とならないように、専門家の力を借りてスムーズに借金地獄から抜け出すことが先決です。

POINT

自己破産をすると弁護士に委任した時点で「差押え」「催促」「返済」が全てストップしますので、トータルにかかる出費は抑えられるというメリットがあります。

お金がかかると心配している人は、まず弁護士事務所の「無料相談」を利用して
「今の自分の借金状況だとどれだけお金がかかってしまうか…」
「弁護士に依頼する場合とこのまま自分で頑張る場合どちらがメリットか」
など、心に秘めている全ての不安を相談してみることをオススメします。

 

1人で悩まず1日も早く借金問題から解放され、再スタートを切れることが最優先です。

 

≪いくら借金減額できるか分かる≫

ネットで探すと自分に合った弁護士を見つけるまでに時間と労力を使ってしまいます。

 

「街角相談所-法律-の無料シュミレーター」の特徴は
◆借金状況
◆あなたのローン状況等…
を入力するだけで、あなたの借金がいくら減額できるか分かるサービスです。
また、入力情報からあなたの状況に一番合った弁護士事務所を”無料”で紹介してくれます。

 

※デメリットが無い点からも借金で悩んでいる方に、一番利用されているシュミレーターです。

 


街角相談所-法律-無料シュミレーター

 

匿名OK/フリーメールOK

 

 

『よく読まれている記事』
【内緒で借金整理】2回目の債務整理(任意整理)をする方法は?