◆毎日毎日、借金のことで頭がいっぱいで、毎月の返済から逃げたい・・・
◆借金の踏み倒しができたら、自由になれるのに・・・
◆借金にも、時効があればいいのに・・・

 

こんな思いが、ふと頭をよぎってしまいます。

 

借金について悩み検索をしていると「時効」という言葉に行きついた人もいるでしょう。
今回は、時効についてどんな仕組みなのか・方法は?といった疑問についてご説明していきます。

 

 

借金にも時効はあります!

 

債権者が一定の期間、債務者に返済を請求せずに放っておいた場合、その債権を消滅させてしまう「消滅時効」という手続きがあります。

 

時効が成立した後に、債権者が返済を請求してきても、法律上はあなたは借金を返済する義務はなくなるのです。
このように見ると、案外簡単だな…と思ってしまいますよね。

 

 

何年で時効成立?

 

ただ単に待っていては借金の時効を迎える事はできません。
一定期間が経たないと、時効は成立しません。

 

”時効の成立までに必要な時間は5年〜10年!”

 

借金の時効は、借入先によって変わってきますが法律で時効の期間が決められています。

 

◆銀行や消費者金融に借金している場合・・・5年
◆家族や友人から借金している場合は・・・10年

 

期間を見ると、意外と長い期間が必要になってきます。

 

また、時効を完全に成立させるには、債権者に時効を主張する行為が必要です。
これを「時効の援用」といいます。

 

具体的には、内容証明郵便で援用通知を債権者に送るなどの方法があります。
時効の援用がされてないと時効は完全には成立せず、援用してはじめて成立となります。

 

後程お話ししますが「時効の中断」といって時効が成立しないように出来る手続きが債権者にはあり、時効成立は個人ではなかなか難しくなってきますので専門家の力を借りる方がいいでしょう。

 

【消滅時効の援用で借金を消滅】
時効の成立は個人では難しいものです。
専門家の力を借り、アドバイスを受けることがオススメです。

 

 

アヴァンス行政書士法人 消滅時効援はこちら

 

専門家へ相談をし、アドバイスを一度無料相談で聞いてみるといいでしょう。

 

 

 

たかが5年と甘く見るのは危険!

期間も一定期間と決められているなら、私も借金時効が出来そう!と思いがちですが、債権者には時効をくい止める手段が与えられています。

 

クレジットカード会社などは、あなたの借金延滞先の時効までの期間をシステムで管理しています。
時効が近づいてくると、支払い督促の申し立てから確定判決までの手続きを行います。

 

これを「時効の中断」といいます。
裁判を起こされると「時効が中断」してしまうのです。

 

5年だったはずの時効がゼロになり「時効の中断」は、時効の進行を止め時効期間が振り出しに戻る制度です。

 

時効の中断を債権者から受けると、借金返済から逃げても逃げてもいつまでも支払い義務はなくならないということです。
このように、時効が成立しないように債権者なりの方法がいくつかあるのです。

 

では、時効が中断されるのはどんな時なのでしょうか?

 

 

時効を中断する方法

時効を中断する方法として、主に3つあります。

 

≪請求≫
債権者から債務者へ、支払い催促・調停申し込み・催促の書類提出など様々な請求をすることで時効の中断ができます。

 

 

≪債務の承認≫

債務者が1円でも借金を返済した場合、債務の承認となります。
これによって、時効が中断され振り出しにもどります。

 

 

≪差し押さえ≫
訴訟や支払催促により、裁判所が債権者に強制執行の許可を出すと、債権者が債務者の財産を差し押さえることができ、時効が中断されます。

 

このように見ていくと「時効の成立」を待つことは、あなたにとってデメリットしかないと言えます。

 

時効を成立させるまで逃げ回っていても、その間「莫大な延滞金」があなたにプラスされています。
たかが利息…
たかが延滞金…
と思っていては、大間違いです。

 

数年で、延滞金だけで30万以上にも膨れ上がってしまいます。
あなたの過失で発生した延滞金は、あなた個人ではどうすることも出来ずただでさえ大変な借金返済がどんどん重い物になっていきます。

 

「借金の時効」を待つことはオススメではありません!

 

 

【消滅時効の援用で借金を消滅】
時効の成立は個人では難しいものです。
専門家の力を借り、アドバイスを受けることがオススメです。

 

 

アヴァンス行政書士法人 消滅時効援はこちら

 

借金から逃げるより、借金の整理を!

 

借金を払わずに時効を成立させるというのは、多くのリスクを伴います。
借金から逃げるのは、借金を返済する以上に精神をすり減らしてしまう行為なのです。

 

借金から逃げずに、借金をきちんと整理して、普通の生活を取り戻すために、お金のプロである司法書士や弁護士に相談してみるといいでしょう。
借金返済のプロには、法的にあなたを守る手段がいくつか用意されています。

 

 

◆夫や妻、家族や会社に内緒で借金を整理したい。
◆月々の返済額を減らしたい。
◆支払い期限を延ばしたい。
◆複数の業者からの借金を一つにまとめたい。

 

このような借金の悩みは、「債務整理」をすることで解決できます。

 

債務整理は、個人で手続きする方法もありますが、かなりの時間と労力を必要とします。
法律のプロである司法書士や弁護士に依頼すれば、あなたに合ったベストな方法で、債務整理をスピーディに行ってくれます。

 

来店せずとも、メールや電話で無料相談できます。
一日も早くプロに相談して、借金地獄から抜け出しストレスのない生活をとりもどしましょう。

 

下記は無料相談が可能な弁護士事務所となっておりますので、不安な点どのように借金を整理した方が良いかなど相談をし専門家からアドバイスをもらう事がオススメです。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。
     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

『自宅で誰にもバレずに…どれだけ減額可能か知りたい!』

 

今の借金状況を入力するだけで「いくら減額が可能か」「自分に合った弁護士事務所はどこか?」を教えてくれる無料ツールです。
【匿名OK】と言う点と、自宅にいながら知ることが可能という点からも借金問題に苦しんでいる方に一番利用されています。
自宅で出来るという、利用するに当たっての敷居が低いというのもポイントです。

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

『旦那にバレずに借金の整理がしたい!』

 

女性でも借金問題に苦しんでいる人は大勢います。そんな女性の為に設けられた事務所が債務lady。
女性だからこそ女性に聞いて欲しい・男性スタッフには相談しにくい…などありますよね。
債務ladyは、女性スタッフが旦那さんに内緒で借金の整理が出来る手続き・方法についてアドバイスしてくれます。

相談無料
旦那さんに内緒で手続きが可能
女性スタッフが対応