借金は楽になったけどカードが作れない…

 

 

債務整理を行い、生活を圧迫していた借金から解放され心身ともに安堵している方も多いでしょう。
しかし、債務整理をすると「あなたが債務整理を行った」という事故情報として信用情報機関に記載されてしまうため一定期間キャッシング・クレジットカードの使用が出来なくなってしまいます。

 

『一定期間ずっとカードの使用が出来ないの?』
『ネットで買い物するときにカードがないと買えない…』

 

と不安になっている方も多いのが現実。
ここでは、一定期間内使えないクレジットカードの応急処置・いつからカードが使用可能になるのか…について詳しく解説をしていきます。

 

詳しく知ると、不安も取り除けますので是非参考にしてみてください。
まず、なぜ債務整理後にカードの使用が不可能になるのか見ていきます。

 

 

 

債務整理後にカード使用が出来なくなる理由

 

債務整理をする前でも、クレジットカードを作成するには審査が入っているのをご存知ですか?
クレジットカードとはカード会社が前払いをして立て替えてあげているシステムになりますので、あなたが金銭面的に信用できる人なのか…を審査しているのです。

 

ですから、クレジットカードが使用できるという事は「あなたとカード会社との間の信用で成り立っているシステム」なのです。

 

債務整理や延滞などの金銭的トラブルが起こると、あなたの情報は「信用情報機関」という所に登録をされてしまいます。
カードを作成・使用する際には必ず審査が行われ、あなたに事故情報がないかという事を調べる為過去に債務整理をしたことがあればほぼ100%カードの使用は不可能になってしまいます。

 

 

どんな事情であれ債務整理を行うと「あなたは金銭面的に支払い能力がない」と見なされる為、カードの使用も停止・再発行も不可能になってしまいます。
お金を返済出来ない人に、カード会社も使用する許可を与えてくれないのです。

 

 

しかし、カードの使用が出来ないのは永遠ではなく一定期間が過ぎると信用情報機関のあなたの情報は末梢されますので、使用も可能になります。

 

万が一、過去に債務整理をしたことがあり結婚や出産・引っ越しなどで大きな買い物をするためにカードを使用する予定がある…という方は自分がブラックリストに載っているかは調べることが可能ですので「自分はクレジットカードに載っている?調べる方法を知りたい」を是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

いつからカード発行は可能?

 

一定期間カードの使用が出来ない…と聞くと、不明確で余計不安になってしまいます。
カードの使用は、先程もお伝えした通り永遠に使用が出来なくなってしまうわけではなく「あなたがどの債務整理をしたか」によってカードの再発行が出来るまでの期間が変わってきます。

 

あなたが利用した債務整理はどれでしょうか?

 

 

『自己破産』
基本的には、裁判所で免責がおり借金の返済免除が確定された時点で信用情報機関に登録がされます。
自己破産の場合は「5年〜10年程度」借り入れが不可能になります。

 

 

『個人再生』
個人再生は基本的には3年間で返済計画が練られます。
借金返済後から約5年〜10年ですので、返済期間も含めて合計で13年間ほどカード発行は難しくなります。

 

 

『任意整理』
任意整理は返済後約5年間はカードの発行・使用は不可能になります。
返済期間にもよりますが、例えば2年で完済した場合は2+5で約7年間後にはあなたの事故情報は末梢されます。

 

 

一定期間カードが使えないという事は、ネットで買い物をしたり常に現金を持ち歩いていないといけないかと言えばそうではありません。

 

 

デビットカードの利用がオススメ

デビットカードとは、銀行口座に入っている金額の範囲内で使用が出来るカードになります。
クレジットカードは、一度カード会社が立替え消費者が後払いをする形のカードですので審査が必要になりますが、デビットカードはあなたが所有している金額内でしか使えないカードになりますので審査は必要ありません。

 

しかし1点注意しなければいけないことがあります。
デビットカードには…
◆J-Debit(国内のみ利用可能)
◆VISA・JCB(クレジットブランド)

 

この2種類があり、J-Debitは銀行口座を開設すると作れるデビットカードですがネットショッピングや海外のショッピングでは使用が不可能という点があります。

 

ですから「ネットでカード決済がしたい」という方は、クレジットブランドのデビットカードを持っている方がいいでしょう。
国内で取扱いがあるデビットカードはJCBとVISAになりますが、これを聞いて「え?これってクレジットカード会社だから審査とおらないよね?」と思う方も多いと思います。

 

しかし、どちらのデビットカードも信販会社やクレジット会社ではなく銀行が取り扱っているもので銀行が発行してくれます。

 

 

 

デビットカードは審査不要?

デビットカードは、即日決済が基本になりますので銀行口座に入っている金額しか使用ができません。
よって、作成時に通常審査の必要がないのです。

 

ですから、銀行口座を開設できる環境であればデビットカードの使用も可能になります。
銀行口座は、身分が証明できる・住所がある・連絡が取れる連絡先を持っている・印鑑と言った事項になりますのでこれらが準備出来れば開設は可能です。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

 

『よく読まれている関連記事』
また借金を作ってしまった…債務整理2回目は可能?
借金返済できない…内緒で手続き可能な任意整理とは?