2回目でも債務整理は可能?

 

◆せっかく債務整理で完済できたのにまた借金をしてしまった
◆1度債務整理をしたけど2回目も債務整理できるのかな?
◆債務整理をしたが月々の返済が苦しい…

 

再度借金地獄に陥ってしまった人は「2回目の債務整理は可能なのだろうか…」と不安になる方も多いでしょう。

 

″債務整理には回数制限や何回までしかできないという決まりはありません”

 

回数制限はありませんが、1回目と同様に手続きを進める事が可能かといえばそうではありません。
手続きや内容といったものは、1回目と異なってきます。

 

 

ここでは、2回目の債務整理をスムーズに進める為のポイントや1回目とはどのように違うのかなどについて詳しく解説をしていきます。
是非、今2回目の債務整理を検討している方は参考にしてみてください。

 

私の借金どれだけ減額可能?

≫司法書士法人みつ葉グループが行う診断で安心≪

 

初めての借金問題は不安が付き物…
どうしても敷居が高く感じる弁護士事務所に相談に行く前に、自宅で今のあなたの借金がどれだけ減額可能かを知ることが出来る無料シュミレーター!
デメリットが無い点から、借金で悩んでいる方に一番利用されているツールです。

 

【特徴】
借金がいくら減るか…
月々の支払いがどれだけ減額されるか…
自分に合った弁護士事務所は?

 

”無料で診断!”

 

〇24時間対応
〇全国対応
〇女性相談員の対応可能

 

みつ葉司法書士事務所
arrow_orange『どれだけ減額可能?無料診断はこちら』

 

1回目の債務整理の種類は?

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」と3種類ありますが、1回目にどの手続きを行ったかによって2回目の債務整理の手続き状況が変わってきます。
まず、あなたが1回目にどの債務整理を行ったかを思い出してみましょう。

 

 

◆1回目が任意整理

任意整理は借金そのものを減らすという手続きではない為、2回目の債務整理で再度「任意整理をしたい!」と思っても特に回数や何かの制限がかかるという事はありません。

 

唯一あるとすれば、つい最近(半年から2年)債務整理をして「また債務整理をしたい!」となれば、この人は最近借金を整理し生活を見直したはずなのにまた債務整理をするということは生活を改めない人なのではないか…と判断をされ、債権者との交渉が難しくなるという可能性は高くなります。

 

回数や制限はありませんが、過去に行った債務整理から何年経っているか…これだけは注意しておくといいでしょう。

 

 

◆1回目が個人再生

1回目に個人再生をしている場合は、手続き完了から7年以上経過していないと手続きをすることが出来ません。

 

個人再生の手続きは、大幅な借金の減額が原則として目的となっていますので2回目となると審査の目が厳しくなることは避けることは出来ません。
同じことを繰り返す懲りない人と見られても仕方のないことです。

 

1回目に個人再生を行った方は、専門の弁護士や司法書士の方に相談をして方針を決めることがオススメです。

 

 

◆1回目が自己破産

1回目に自己破産をしている場合は、2回目の手続きをする際1回目の手続き完了から7年以上が経っていることが最低条件になります。
また、自己破産は税金を除く全ての借金を払わなくてもいいという手続きになりますので、一度あなたは全ての借金苦から解放されたことになります。
にも関わらず、再度債務整理をしなければいけないほど借金が増えてしまったとなると「あなたは懲りない人だ」と判断されてもおかしくありません。

 

債権者の目が厳しくなる他、裁判所も免責許可を出さないというケースも無きにしも非ずです。
1回目はスムーズに自己破産の手続きが進んだ方でも、2回目となると期間がかかる上に手続きも難しくなることは覚悟しておかなければいけません。

 

1回目に自己破産をした方は、事情や状況をしっかりと専門家の弁護士の先生に相談をしきちんとした計画を練って手続きを進めることがオススメです。

 

2回目の債務整理をする場合もう1つ注意しなければいけないことがあります。
それは1回目の債務整理と同じ債権者に対しての手続きか・別の債権者に対しての手続きかという事です。

 

では詳しく解説をしていきます。

 

 

 

2回目も同じ債権者に対しての手続き

 

1回目と2回目の債権者が同じ場合は、審査が通るのは難しくなってしまいます。

 

一度借金を見直して完済に向けた手続きをしたにもかかわらず、同じ過ちを何度もする人だと認識をされてしまいますので1回目はスムーズに通った審査も2回目となるとそうはいきません。

 

1回目は借金が減額した人も2回目となると今以上借金の減額を行うというのは不可能でしょう。
今以上の借金総額の減額は難しくなりますが、月々の返済額を生活を圧迫しない程度に見直して完済を目指すという手続きが可能になります。

 

今以上悪化しない為にも、放置をせず今のあなたの借金残高や生活状況によっても手続きは変わってきますので、一度専門家の先生に相談をしてみるといいでしょう。

 

 

 

2回目は別の債権者に対しての手続き

1回目と2回目の債権者が別の場合は、さほどリスクを考える必要はありません。

 

もちろん1回債務整理をしているのでブラックリストを調べるとあなたが債務整理をしたことが分かってしまいますが、1回目の債務整理は自分の所ではないということでさほど審査には影響しないと思っておいて大丈夫です。

 

 

2回目の債務整理をする前に

後ほど解説をしますが、2回目の債務整理となると手続きが難航することは覚悟の上です。
1回目の様にスムーズに短期で完了するという事は難しいと思っておく方がいいでしょう。

 

では、2回目の債務整理をする前にチェックする・まとめておくと良いことが数点ありますのでご紹介していきます。

 

 

◆なぜ2回目の債務整理が必要になったか

 

一度債務整理をしたという事は、生活を圧迫していた借金を法的に見直したという事です。
そして、今2回目の債務整理を考えているということは何かの変化があったということになります。

 

その理由をまとめておくと、2回目の債務整理を進める上で交渉がしやすくなる可能性も高くなります。
例えば…

 

◆交通事故にあって治療費がかかり仕事も辞めざる負えなくなってしまった
◆会社が倒産をして職を失った
◆離婚をして財産を取られてしまった

 

など生活環境が変わったという事実があれば、収入も減ってしまうのでやむ負えない事態と納得をしてくれる可能性も出てきます。

 

 

 

2回目の債務整理は個人では不可能

1回目の債務整理を自分で手続きを行ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、2回目の債務整理ともなると個人で手続きを進めるのは難しいと思っておいた方がいいでしょう。

 

専門家の弁護士の力を借りることで、債権者や裁判所もきちんと向き合ってくれる可能性が高くなります。

 

弁護士がきちんと内容や状況を確認したうえで「この人は2回目の債務整理をするときちんと返済が可能になる」と判断されたと証明されますので、債務整理の手続きがスムーズに進みます。

 

2回目の債務整理を考えている方は、弁護士などの専門家に依頼することをオススメします。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。
     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

『自宅で誰にもバレずに…どれだけ減額可能か知りたい!』

 

今の借金状況を入力するだけで「いくら減額が可能か」「自分に合った弁護士事務所はどこか?」を教えてくれる無料ツールです。
【匿名OK】と言う点と、自宅にいながら知ることが可能という点からも借金問題に苦しんでいる方に一番利用されています。
自宅で出来るという、利用するに当たっての敷居が低いというのもポイントです。

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

『旦那にバレずに借金の整理がしたい!』

 

女性でも借金問題に苦しんでいる人は大勢います。そんな女性の為に設けられた事務所が債務lady。
女性だからこそ女性に聞いて欲しい・男性スタッフには相談しにくい…などありますよね。
債務ladyは、女性スタッフが旦那さんに内緒で借金の整理が出来る手続き・方法についてアドバイスしてくれます。

相談無料
旦那さんに内緒で手続きが可能
女性スタッフが対応

 

 

 

『よく読まれている記事』
ブラックリストの基礎知識!ブラックリストに載っているか調べる方法・期間・理由・削除方法とは?
【放置厳禁】住民税が支払えない方必見!税金の支払いができない場合の対処法