支払いが出来なく一番最初にやってくる心身的恐怖と言えば「催促の電話」ではないでしょうか。
支払日に支払いがされない場合、数日以内に必ず債権者から電話がかかってくるはずです。

 

支払いをしていない為どうしても電話に出にくいという方も多いですが、無視をすることはオススメできません。
もし、今現在無視をし続けている人はまず電話には出るか着信にあなたからかけ直すようにしましょう。

 

でなければ、債権者はあなたは支払う意思がなく逃げようとしていると判断され次の手続きを進めている可能性もあるからです。
無視をし続けると最悪の場合、裁判を起こされ家族や職場にバレてしまうだけでなくあなたの財産や給与を差し押さえされる可能性もある問題なのです。

 

ここでは、電話を無視した場合の行く末と催促を止めるための対処法について詳しく解説をしていきますので是非参考にしてみて下さい。

 

私の借金どれだけ減額可能?

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

どれくらいで催促の電話が来る?

 

早い所では、支払日の翌日にはあなたの携帯か家の電話に債権者から電話がかかってきます。
支払日に支払いがされていないだけでは、会社に電話がかかってくることはなく基本的に申し込みの際に記載をした携帯電話か家の電話に債権者から電話がかかってきます。

 

その際、恐喝されるわけではなく「支払日に支払いがされていませんでしたが、如何なさいましたか?」という内容の電話ですので過剰に恐れて電話に出ないというのはあなたにとって損でしかありません。
きちんと事情を話し、いつなら支払いが可能かという事を伝えればそれ以降電話がかかってくることはありません。

 

支払い期限を延ばしてもらう事は可能ですが、その分少し割高な遅延損害金(利息)はかかってきますので先延ばしにし過ぎるとそれだけあなたにとっての負担金額が増えるだけですので、早めに支払いが可能なようでしたら1日でも早く支払いを済ませる方が安く済みます。

 

ここで注意するべきなのは、例えば電話に出ないで無視をしている期間にも遅延損害金(利息)は発生しているという事です。
ですから、電話に出ないというのは「遅延損害金がどんどん加算される」「催促の電話がストップしない」とあなたにとって何一つメリットがないのです。

 

 

無視し続けると?

無視をし続けると職場に電話がかかってくる可能性もあります。

 

本来は債権者が債務者の職場に訪問をしたり電話で問い合わせをすることは「貸金業法」で禁止されていますが、催促を何度もしているのに対応もせず返済もされないとなった場合は、やむ得ないとして職場への連絡が許可されています。

 

ドラマのような取り立ての様に電話をしたり訪問をすることはありませんが、会社にあなた宛ての連絡が何度も来ていたら薄々気付く人も出てくるでしょう。
そうすると噂も立ち、会社に居づらくなるのも時間の問題になってきます。

 

 

ついに最終通告が来る

ここまで無視を続けてしまうと自宅に「支払督促状」という書類が届き内容としては「再三ご連絡をしておりますが対応頂けない様なので、法的処置を検討させて頂きます」と記載されています。

 

この支払督促状とは、裁判所が発行するものになりますので法的な効力が発生します。
法的効力が発生するということは、いつ差し押さえをされてもおかしくないという事になります。

 

 

差し押さえはあなたの預金・給与・財産となりますので、職場にはあなたが借金をしていて差し押さえをされるということがバレてしまいます。

 

職場にバレてしまう上に、預金差し押さえ・財産差し押さえ・給与差し押さえと最悪の状況にしかなりませんので無視をし続けるという事は相当のリスクしかありません。

 

 

 

差し押さえ・催促を防ぐ方法は?

無視をし続けるだけでは、差し押さえや催促の電話を防ぐことはできません。
精神的にも辛い差し押さえや催促ですが、専門家である弁護士に依頼をすることでストップすることが可能になります。

 

専門家に依頼をするというのは、あなたの借金をあなたが普通の生活が出来るように整理(利息カット・減額など)することが可能な『債務整理』という手続きになります。
債務整理が開始されると、弁護士から債権者に受任通知という書面が送付され弁護士から受任通知を受け取った債権者はそれ以降、催促や差し押さえをしてはいけないと決められているのです。

 

ですから、債務整理は重く圧し掛かっていた借金を整理できるだけでなくあなたを精神的に追い詰めていた催促や差し押さえの恐怖からも守ってくれるという事になります。

 

債務整理という言葉は聞きなれない言葉ですよね。
自己破産しか方法がないのではないか…と思っている人も多いと思いますが、債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」と数種類手続き方法があります。

 

”任意整理に至っては、家族や会社にもバレる事無く内緒であなたに重く圧し掛かっている借金を整理することが可能で一番利用されている手続きです”

 

どの手続き方法が良いかは、あなたの今の借金状況やあなたが希望する条件などを聞きながら弁護士の方がアドバイスをしてくれるでしょう。
今は、無料相談を行っている弁護士事務所も増えていますので負担が少なくアドバイスをもらう事が可能です。

 

1人で悩まず、プロの専門家のアドバイスや今後どうしていったらいいかという事を聞きながら借金のない生活を取り戻していきましょう。

 

 

 

『よく読まれている記事』

 

「女性の為の借金無料相談」

 

「債務整理2回目は可能?」

 

「内緒で手続き可能な任意整理とは?」