借金の返済が滞っている方にとって、一番恐れているのは『差し押さえ』ではないでしょうか?
テレビなどでも見たことあるかもしれませんが、借金や税金など放置をし一定期間滞納を続けていると『差し押さえ(強制執行)』が行われます。

 

“残念ながら差し押さえを拒否することは不可能です”

 

では、借金を滞納してしまったらもう差し押さえを待つしかないのか…と言ったらそうではありません。

 

あなたに対して差し押さえの判決が出る前に、差し押さえを回避する対処法が存在します。
ここでは、差し押さえのタイミングやどのような流れで差し押さえられるのか・差し押さえを回避する為の対応などについて詳しく解説をしていきます。

 

私の借金どれだけ減額可能?

≫司法書士法人みつ葉グループが行う診断で安心≪

 

初めての借金問題は不安が付き物…
どうしても敷居が高く感じる弁護士事務所に相談に行く前に、自宅で今のあなたの借金がどれだけ減額可能かを知ることが出来る無料シュミレーター!
デメリットが無い点から、借金で悩んでいる方に一番利用されているツールです。

 

【特徴】
借金がいくら減るか…
月々の支払いがどれだけ減額されるか…
自分に合った弁護士事務所は?

 

”無料で診断!”

 

〇24時間対応
〇全国対応
〇女性相談員の対応可能

 

みつ葉司法書士事務所
arrow_orange『どれだけ減額可能?無料診断はこちら』

 

 

よく聞く差し押さえって?

テレビで見たり耳にしたりする差し押さえ…。
怖いイメージしかないという方も多いと思いますが、どのようなタイミングで行われるのかを知っている人は少ないのが現実です。

 

差し押さえとは裁判所が行う強制支払い処置の事を言います。
支払わなければいけないお金を支払わず滞納している人(税金・借金など)に対して、裁判所が強制執行を行う事を差し押さえと言います。
「まさか自分が差し押さえなんて…」
と思っていてはいけません。

 

年度や県によっては、年間で3000以上の差し押さえが執行されている場合もあるのです。
どうしても身近に感じない、差し押さえですので安易に考えてしまいがちですが意外と身近に行われているという事を忘れてはいけません。

 

 

なにを差し押さえされる?

イメージとしては、係員の人が数名自宅に来て財産になるものを運び出す…ではないでしょうか?
もちろん家にある財産も差し押さえの対象になりますが、あなたにとって一番身近な「給与」「預金」も差し押さえの対象になっているのです。

 

ですから、ある時お金を下ろそうと銀行に行ったら「差押え」となりお金を引き出せないというケースもあるのです。

 

下記に差し押さえとなる財産を一覧にまとめて見ました。

 

≪差し押さえ対象≫


◆銀行口座
◆家具・車などの一定額以上の財産
◆不動産
◆給与口座(ただし全額ではなく4分の1まで、手取りが33万円を超える人は超過した金額全て)

 

給与口座の差し押さえ範囲については下記で詳しく解説をしています。

 

 

 

 

給与差し押さえは会社にバレる?

給与差し押さえというのは会社に必ずバレてしまいます。

 

経理の人にしか分かりませんが「あなたが何らかの借金で滞納をし裁判所から差し押さえ命令が出た」ということが、社内の経理の人にはわかってしまうというわけです。
もちろん、差し押さえになったからといって解雇になることはほぼありませんが印象が悪くなったり、居心地が悪くなることは避けることが出来ないと思っておいた方がいいでしょう。

 

 

差し押さえは一回で終わり?

突然係の人が来て、一定額の財産を差し押さえし回収しあなたが今抱えている借金を全て完済すれば差し押さえは終わります。
しかし、財産を差し押さえたとしても借金の残高全ての支払いが完結しなければ終了することはありません。
残りの借金を払い続けるか、自己破産を申請して支払いの免除を受けるしか方法がなくなってしまいます。

 

これらの様々なデメリットから考えても、差し押さえが執行される前に何らかの方法で差し押さえを阻止しなければいけません。

 

 

差し押さえは通知が来る?

残念ながら、●●日の●●時頃に差し押さえに伺います。

 

などと言う、親切な通知はやってきません。
このように通知をしてしまっては、夜逃げをしたり財産を隠したりする人も出てくるからです。
では、一体どのような流れて差し押さえが行われるのかお話ししていきます。

 

あなたの状況がそろそろ強制執行じゃない?という段階かも…と思ったら、すぐに対処をすることをオススメします。

 

≪税金・年金滞納≫

非常に多い国の税金滞納者。
国の税金の差し押さえには特徴があり『裁判を通さないで差し押さえが可能』という点です。

 

という事は、差し押さえまでの期間が非常に短いという訳です。
国の税金はきちんと徴収しなければ、国が破たんしてしまう為容赦なく差し押さえは行われます。

 

 

住民税滞納

督促状の送付
支払いが遅れてから約20日以内に自宅に督促状が送られてきます。
発行日が記載してありますので、発行日から10日以内に支払いが行われないと財産の差し押さえが可能になります。

法律上は差し押さえが可能な時期ですが、すぐに差し押さえをするというケースは非常にまれです。しかし、そのまま放置をされるわけではなく、支払いが行われなければ催告書という書類が届きます。
また、場所によっては職員が訪問してきたり電話がかかってくるなどもあります。

催告書・自宅訪問

差し押さえ執行
それでも、支払いがされない場合は財産調査が行われ差し押さえが執行されます。

 

国の税金が支払えない・滞納をしているという方は近くの区役所に相談に行くことがオススメです。
収入が少なくて支払えない・病気療養中で支払えないなど個人的な理由はあると思いますが、今の現状をきちんと話すことで「分割支払い」「支払い免除」など国が定めている緊急処置手続きについて教えてもらえますので、逃げる事無く相談に行ってみましょう。

 

 

≪消費者金融滞納≫

クレジットカードの支払いが出来ない…と悩んでいる人は数多くいらっしゃいます。
そして、高い金利で借りてしまい毎月利息を支払っていて全く元本が減らず永遠に借金地獄から抜け出せないと悩んでいる方も多い問題です。

 

催促の電話(翌日以降)

督促状
書面には●●日までにお支払い下さい。と期限と振込先が記載されているケースがほとんどです。
督促状が届くと恐怖に怯えてしまいそうですが、請求書のようなものですので期限内にきちんと支払いを済ませれば何の心配も要りません。

ブラックリスト掲載
何度も催促をしても数カ月〜数年も支払いがされない場合は信用情報機関にあなたが滞納をしている事実が記載されブラックリストに載ってしまいます。
ブラックリストに載ってしまうと、数年間新しいカードも作れない・金融機関からお金を借りることが出来ないなど生活にも支障が出てきます。
ブラックリストに載っているかは調べることが可能ですので「ブラックリストの基礎知識!載っているか調べる方法」を参考にしてみて下さい。

内容証明郵便が届く
自宅に郵便局から内容証明郵便が送付されます。
これは「法的処置(裁判)」を取る際に事前に「きちんとあなたの再三お知らせしたにも関わらず支払いに応じてくれない為に手続きを進めさせて頂きます」という文面の内容の書類をきちんとあなたに送付しましたという事を郵便局が証明してくれる郵送方法になります。

…ですから、知りません・見ていませんという言い逃れが出来ないという訳です。

裁判所からの通知

差し押さえ執行

 

 

差し押さえが行われるサインは?

先程もお話しした通り、●●日という通知はやってきませんがあなたに何度も催促の手紙が届いていたら着々と差し押さえに向かって事態は進んでいると思っていても間違いではありません。

 

お金を支払っていないのはあなたになりますので、裁判を起こされてしまうと勝ち目は0%だと思っておいた方が良いでしょう。

 

 

支払いがどうしてもできない場合は?

 

◆どんどん催促の手紙が届く…
◆どんどん延滞金が増えていく…

 

という方は、実際に差し押さえが行われる為の手続きが着々と進んでいるという意味でもあります。

 

支払うお金がある方は、差し押さえが執行される前に一刻も早く支払いを済ませることがオススメです。
しかし、支払うお金がない場合はそうもいきません。

 

支払うお金がない方は、債務整理を視野に入れてみてもいいでしょう。
債務整理が開始されると、債権者は『催促の手紙や電話』『差し押さえ』と言ったことが一切してはいけなくなります。
また、あなたが債権者に支払う支払い義務もいったんはストップしますので債務整理の手続きが完了するまでは、生計を立て直すことも可能になります。

「債務整理」とは、弁護士や司法書士の方があなたに変わって債権者と借金減額や利息カットなどの交渉を行い借金の毎月無理のない返済額まで減額をし完済を目指す手続きになります。

債務整理は、あなたの借金状況によっていくつか方法がありますが専門の弁護士や司法書士に今の状況を相談すると今のあなたに合った債務整理手続き方法を提案してくれます。

 

個人一人で悩まず、まずは無料相談を利用して今の状況を相談してみるのも借金解決の方法の1つです。
下記は無料相談が可能な弁護士事務所になりますので、参考にしてみて下さい。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。
     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

『自宅で誰にもバレずに…どれだけ減額可能か知りたい!』

 

今の借金状況を入力するだけで「いくら減額が可能か」「自分に合った弁護士事務所はどこか?」を教えてくれる無料ツールです。
【匿名OK】と言う点と、自宅にいながら知ることが可能という点からも借金問題に苦しんでいる方に一番利用されています。
自宅で出来るという、利用するに当たっての敷居が低いというのもポイントです。

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

『旦那にバレずに借金の整理がしたい!』

 

女性でも借金問題に苦しんでいる人は大勢います。そんな女性の為に設けられた事務所が債務lady。
女性だからこそ女性に聞いて欲しい・男性スタッフには相談しにくい…などありますよね。
債務ladyは、女性スタッフが旦那さんに内緒で借金の整理が出来る手続き・方法についてアドバイスしてくれます。

相談無料
旦那さんに内緒で手続きが可能
女性スタッフが対応

 

 

よく読まれている関連記事
債務整理2回目は可能?手続き方法は?内緒で借金の整理は可能?
家族や会社に内緒で借金の整理がしたい!任意整理について詳しく