「お金がなくて借金を滞納してしまった…」
「何カ月も滞納してたら催促が来た」

 

借金の滞納をすると催促の電話だけでなく、催促の手紙も届いているのではないでしょうか?
そして、滞納を続けそのまま放置をしてしまうと最悪の場合、裁判所から差し押さえ命令が届き財産を失う可能性があります。

 

差し押さえを止めるには、借金を支払うか債務整理を行うかの2択になります。
ここでは、直ぐにお金が準備できず借金の支払いが出来ない場合の「借金の返済方法・差し押さえを防ぐ為の対処法」について解説をしていきます。

 

滞納を放置して逃げ回っていては、最終的には債権者から裁判を起こされ給与・土地・家・預金などを差し押さえされる可能性も出てくる可能性も出てきます。
ですから絶対に“滞納を放置だけはしない”様にしてください。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。
     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

滞納後 数日で督促状が…

既に、督促の電話や督促状が届いている人もいるのではないでしょうか?

 

滞納をすると数日で、督促の電話や督促状が自宅に届きます。
電話も怒られる訳ではなく「支払がされていませんが如何いたしましたか?」という確認の電話になりますので、必ず出るようにしましょう。

 

電話による催促も、督促状も届いたらすぐに支払いを行えばさほど問題にはなりません。

 

問題になるのは、無視をしたり督促状が届いているのに無視をして支払いをしない場合です。
あなたにお金がなくて困っているという状況など、債権者は知りませんのでただ「無視して逃げようとしている誠意のない人」と見られてしまいます。

 

あなたが支払いに応じない期間が伸びると、債権者から内容証明郵便(さらに詳しくは「内容証明郵便って何?」で解説)が届き、あなたに残っている借金残高全ての一括支払い命令が下されてしまいます。

 

内容証明郵便が届き、支払いをしないで放置をしていると裁判によりあなたの給与や土地・家・預金などを差し押さえされてしまう可能性が大きくなってきます。
「まさか差し押さえなんて…」
と甘く見ていては、突然差し押さえはやってきます。

 

 

内容証明郵便が届いたら、すぐに差し押さえという訳ではありませんが放置をせず早急に何らかの対応をしなければいけません。

 

 

 

借金が払えない状況になったらすぐに対応!

 

「支払いが出来ない」
と思ったら、1人で悩むのではなく借金のプロに相談するようにしましょう。

 

既に、督促状が届いているという状況でもプロの専門家はあなたの生活を守るために借金問題の解決方法のアドバイスをしてくれます。
どうしても弁護士や司法書士と聞くと、今まで無縁だったからこそ怖さが優先してしまいますがその点は安心して相談をして大丈夫です。

 

借金問題を今まで何件も解決してきたプロの弁護士や司法書士への相談も、今は無料で受け付けてくれている事務所も多数存在します。

 

守秘義務をきちんと守ってくれるので家族や会社に内緒で相談が可能
個人では難しい手続きも専門家の力を借りることで借金の減額手続きが可能
一人で悩まずプロの意見を聞くことで借金解決の糸口が見える

 

 

 

お金が支払えない場合は債務整理を

借金の残高を一括返済できれば、問題はないのですがお金がない場合は「債務整理」をすることで差し押さえを回避することが可能になります。
債務整理を開始すると、催促の電話・督促・差し押さえが法的に出来なくなってしまうのです。

 

債務整理と聞いてどんな手続きを想像しますか?

 

財産を奪われてしまうなどのデメリットが思い浮かんでしまう人もいるでしょう。
しかし、債務整理には「任意整理・個人再生・自己破産」と種類があり、あなたが今抱えている借金残高や収入等によってもベストな手続き方法が変わってきます。

 

内容証明郵便が届き差し押さえを止めたい人
既に債権者より裁判を起こされてしまっている人

 

どちらの場合でも、債務整理の手続きは可能ですので自己判断で諦める事無く専門家に相談をしてみることがオススメです。

 

※ただし、債権者が裁判手続きを進めてしまうと段階によっては債務整理が無効になってしまう場合もありますので急いで対処することが大切です!

 

 

支払い督促申立書が届く前に行動を!

 

そのまま放置をしていると、裁判所から「支払い督促申立書」が送付されてくることがあります。
支払い催促申立書が届いたら2週間以内に異議申し立てを行う必要があり、万が一何もしないで放置をしてしまうとあなたの財産が差し押さえとなってしまいます。

 

差し押さえは突然やってきて「預金・土地・家・給与」と言った一定額の財産が対象になってしまい、生活にはなくてはならないものが差し押さえられてしまう為これからの生活が非常に不便になるだけでなく最悪の事態になってしまいます。

 

支払い催促申立書が届くと言う事は、あなたが債権者からの催促や督促を無視し続けたという証拠ではあります。
また、放置をし続けた結果ではありますが仕方ないでは済まされない事態でもあります。

 

支払い督促申立書が届き、手続きが進んでしまうと専門家が入っても債務整理の手続きが出来ず手遅れになってしまう可能性もあります。
裁判所から、支払い催促申立書が届く前に「借金の支払いができない・滞納をしている」という段階で専門家に相談をする方が良いでしょう。

 

費用をどうしても気にしてしまう方は、まずは「無料相談」を利用してみると良いでしょう。
解決策が見つかり、肩の荷が下りるはずです。

 

下記は無料相談を行っている弁護士事務所になりますので参考にしてみて下さい。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。
     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

 

『旦那にバレずに借金の整理がしたい!』

 

女性でも借金問題に苦しんでいる人は大勢います。そんな女性の為に設けられた事務所が債務lady。
女性だからこそ女性に聞いて欲しい・男性スタッフには相談しにくい…などありますよね。
債務ladyは、女性スタッフが旦那さんに内緒で借金の整理が出来る手続き・方法についてアドバイスしてくれます。

相談無料
旦那さんに内緒で手続きが可能
女性スタッフが対応

 

 

 

『よく読まれている関連記事』
夫や妻に内緒で借金の整理がしたい!方法は?
債務整理は2回目でも可能?手続き方法について詳しく知りたい!