苦しい借金を整理する方法は?

 

”え??この借金を減額する方法があるの??”

 

借金で困っている方なら誰しもが望むことです。
個人的にはどうにもならない借金ですが、専門家の力を借りることで法的な手段を取ることが可能になります。
その法的な手段が「債務整理」と呼ばれるものです。

 

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」と3種類あり、借金の状況によって手続きが変わってきます。
ここではそれぞれのメリット・デメリットについて詳しくお伝えしていきます。

 

ご紹介する3種類の債務整理の手続きは、開始されると債権者は「催促の電話・催促の手紙」「差押え」等が一切出来なくなります。

手続き開始後からは、精神的な恐怖からも解放されるのも特徴の一つです!
詳しく見ていきましょう。

 

私の借金どれだけ減額可能?

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

任意整理とは?

債務整理の中でも一番利用されている手続き方法が「任意整理」です。

任意整理とは、借金の将来の利息カット(免除)をあなたに変わって専門家が債権者に交渉をしてくれる手続きになります。

 

毎月かかっている利息を将来的にカットし、残りの元本を3〜5年で支払うという長期分割支払いの手続きを行ってくれるのが任意整理になります。

あなたが交渉する必要はありませんので、手続きが完了するまで待っているだけです。

 

 

今毎月支払っている金額のうち、利息はいくらでしょうか?

 

毎月支払っていて麻痺してしまいそうですが、借金返済において「利息」というのはかなりの負担になっているのが現実です。
利息ばかり払っていては元本は減らず、永遠に借金完済はあり得ません。

 

任意整理が一番利用されている点としては、裁判所を通さない手続きになりますので家族や会社に債務整理をしたという事がバレず内緒で手続きが可能という点からです。
借金がある…というのは、信用問題にもなりますので誰にも言いたくないことですよね。

 

内緒で手続きがしたい!という人が多い借金問題ですので「任意整理」が一番利用されているようです。

 

 

デメリットはなに?

借金地獄から解放される手続きですのでメリットもあればデメリットもあります。
デメリットとしては、借入(新たな借金)が5年程度出来なくなります。
借りることが出来ないわけですから、強制的に借金が出来ない状況になるため生計を立て直すにはあまりデメリットと感じない人が多い様です。

 

もう一つ、債務整理をしたという事実が「ブラックリスト」に登録されます。
ブラックリストに登録されることによって、新たな借り入れやローンを組むことが出来なくなりますが、ブラックリストは一定期間が経つと消されますので自分がブラックリストの載っているか消されているかが気になる方は調べることが可能です。
結婚前や家を買う前などは心配になりますよね。

 

 

 

任意整理をまとめると…

≪メリット≫
将来の利息カット
家族や会社に内緒で手続きが可能
◆財産を残すことが出来る
◆催促がストップする

 

≪デメリット≫
◆借り入れが5年程度できなくなる
◆ブラックリストに一定期間載る

 

利用者が一番多い内緒で借金の整理が可能な任意整理ですが、より詳しく基本的な流れや手続き方法について「任意整理に適している人とは?基本的な流れについて」でご紹介しています。

 

 

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所に再生計画が認められるとあなたが背負っている債務を原則として約5分の1に減額するという手続きになります。
自己破産と違って、住宅などの財産は手放すことなく借金を大幅に減額できるという特徴があります。

 

大幅に返済額が減りますので、あなたの負担はかなり楽になります。

 

借金総額が多すぎて「任意整理」では借金整理が出来ない…という人に利用されているのが「個人再生」です。
多額の借金に悩まされながらも住宅や車など財産は手放したくないという方にはとてもメリットが高い手続きです。

 

デメリットとしては任意整理同様、個人再生も手続きを行うとブラックリストに載ってしまい一定期間(5〜10年程度)借入(新たな借金)が出来なくなります。

 

また個人再生は、裁判所に再生計画が認められる必要があります。
裁判所を通す手続きは、どうしても準備する書類等の関係で家族や会社に内緒で手続きをすることが難しい手続きになります。
国が発行する「官報」にあなたの住所氏名が掲載されますので、日々生活する中で一般の人があまり目にすることはありませんが個人再生を行うと掲載されるというデメリットがあります。

 

≪メリット≫
◆債務を大幅(約5分の1)にカット
◆住宅・車といった財産は残すことが可能
◆催促がストップする

 

≪デメリット≫
◆借り入れが5〜10年程度できなくなる
◆裁判所を通す為内緒で手続きが難しい
◆官報に住所氏名が掲載

 

 

 

自己破産とは?

 

自己破産は裁判所で認められると『税金を除く全ての債務が免除』される手続きになります。

 

自己破産とは、裁判所を通して審査が行われた結果決定される手続きですが、判断要因は「収入」「現在の財産」「トータル借金総額」となります。

 

税金のみの支払い義務になりますので、借金地獄からは解放されますが自己破産は住宅や車などの一定金額の財産を手放す事になります。
他の手続きと同様に自己破産を行うと、ブラックリストに名前が記載され新たな借り入れやクレジットカードの利用作成が不可能になります。

約5年〜10年程度はローンを組んだり、カードを作ったりという事が出来なくなるというデメリットがあります。

 

破産手続きが始まると、免責許可の決定が決まるまで士業と呼ばれる仕事(司法書士・弁護士・公認会会計士等・生命保険外交員・警備員・宅地建物取引主任者)に就けないという制限が出てきます。

 

これらの職業につけないのは、免責許可の決定が決まるまでになりますので免責が決まった後は復職することが可能になります。

 

≪メリット≫
税金を除く全ての債務が免除
◆催促がストップする

 

≪デメリット≫
◆借り入れが5〜10年程度できなくなる
◆裁判所を通す為内緒で手続きが難しい
◆官報に住所氏名が掲載
◆財産は没収される

 

 

債務整理はどうやって始めるの?

債務整理は法的処置になりますので、個人で手続きを進めるというのは難しいでしょう。
お金に強い専門家(弁護士・司法書士)に相談をし、あなたの借金状況に一番合った対処法をアドバイスもらうのが一番オススメです。

 

 

お金の問題は一人で抱えていても、永遠に出口が見えてこない問題です。
専門家に相談をしてみると意外に簡単に再スタートする方法が見つかり、借金返済の光が見えてくるものです。
借金問題は必ず解決方法がありますので、一度今の状況を相談してみることがオススメです。

 

『1人で悩まない!まずは無料相談を!』

CMでも紹介されている弁護士事務所。
債務整理の実績も多く安心して利用できる事務所になります。
     

司法書士法人みつ葉グループHP

 

月々の返済額を減らせる事が可能
過去に払い過ぎた利息を取り戻せる事が可能
資産は手元に残しつつ借金を5分の1に圧縮が可能
借金をゼロにして再スタートの可能性があります

 

『自宅で誰にもバレずに…どれだけ減額可能か知りたい!』

 

今の借金状況を入力するだけで「いくら減額が可能か」「自分に合った弁護士事務所はどこか?」を教えてくれる無料ツールです。
【匿名OK】と言う点と、自宅にいながら知ることが可能という点からも借金問題に苦しんでいる方に一番利用されています。
自宅で出来るという、利用するに当たっての敷居が低いというのもポイントです。

どれくらい『今の借金が減額可能か』自宅にいて分かる
自分の借金状況にあった弁護士事務所が分かる

 

『旦那にバレずに借金の整理がしたい!』

 

女性でも借金問題に苦しんでいる人は大勢います。そんな女性の為に設けられた事務所が債務lady。
女性だからこそ女性に聞いて欲しい・男性スタッフには相談しにくい…などありますよね。
債務ladyは、女性スタッフが旦那さんに内緒で借金の整理が出来る手続き・方法についてアドバイスしてくれます。

相談無料
旦那さんに内緒で手続きが可能
女性スタッフが対応

 

 

『読まれている関連記事』
債務整理は2回目でも可能?手続き方法はどれが適切?
夫や妻に内緒で借金の整理をしたい!